Wonder Leo~イタリアングレイハウンド

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬の薬の飲ませ方 闘病B

<<   作成日時 : 2013/06/20 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

6月に入り先生から「闘病の折り返し地点」と
ありがたいお言葉をいただきました。

今月から50mg⇒25mg
へ量が減ります
良かったね・・・レオ

それに高いお薬だしね(汗)

今回は我が家の体験から
犬の薬の飲ませ方で困ってる方がいたら
少しでも参考になればいいかな・・・と
自己流ですが飲ませ方を。



ネオーラル50mgは結構デカイので
はじめは飲ませる時に手を噛まれて大変だった。
空腹時にできるだけ服用させて欲しいと言われたので
餌に混ぜるわけにもいかない。。。。
画像




口をこじ開け喉の奥へ放り込む・・・

という一般的なやり方でやったけど
やるたびに、やればやるほど・・・
凶暴になっていくレオ。

これじゃ、こっちの身体が持たないよ。
手は傷だらけ・・・・
なので、先生に相談して
喉の奥へ押し込む器具も病院で出してもらった。
画像

病院では先生にお手本見せてもらい指導してもらったが
自宅に帰ると緊張感がないせいか?
あるいは飼い主をなめてるのか・・・
全然従わない。

このままでは毎日飲ませるのは無理だ・・・・

手が痛い・・・T-T


で、考え方を変えてみた。




「よし、ゲームとして教えてみよう」


何かしたら・・・
ご褒美で・・・・
褒める・・・・


あっ、そうだ!

膝をつくと前足がももに乗る
「いいこ!」
「ご褒美だぞ!」・・・って流れで考えてみよう。


半分、カプセル飲ませる儀式みたいなもんだが・・・(笑)

準備するもの。
我が家では歯磨き効果のある「赤かぶスプレー」を使用。

画像

犬はマズルを押さえたら、
飲み込む際に舌が「ペロッ」と出る

ならば、「ペロッ」と出させればいいんだ。

そこで、「赤かぶスプレー」の登場。

レオの歯磨き用に用意したものでレオも大好物。
こいつで「ペロッ」とさせちゃおう〜!

カプセルを口に入れたら
カプセルを噛み砕かないために
すぐマズルを抑える。
少し水を流し込み飲み込み安くする
すぐに鼻先にスプレーを塗る。
舐めたくて舌が出る。
と同時に飲み込む♪




こんな感じで出来ました。
ドジでカプセル落としてますが
気にしないでください(汗)
http://youtu.be/jdUkoMN5h0g



正しい考え方かはさておき
結果うまく飲んでくれて助かりました♪














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
レオくん、減薬良かったですね。
お薬飲むの、上手上手!ちゃんと飲んでくれたら、方法は多少自己流でも大丈夫ですよ〜。
実はうちのルナ、4月に自己免疫介在性の血小板減少症になりました。
だいぶ血小板が少なくなったのですが、1週間の入院治療で持ち直して、今減薬中です。
いろいろ心配もありますけど、わんこと一緒に頑張りたいですね。
レオくんも減薬順調に進みますように!
ルナ・リケ
2013/06/24 01:07
レオ君順調で良かったですね。
うちのイタグレ ソフィーも五月末に一度ステロイドの減薬にトライしたのですが、内出血がはじまり、元の10mgのステロイドに戻り、アトピカ25mg 2回が追加されました。
アトピカ多すぎと思ったのですが、
アメリカの先生は「オーライ」とおおざっぱです。
今はスッカリ元気ですが、減薬はなかなか大変だと思いました。

レオ君もお大事に
ソフィーのママ
2013/06/24 03:07
ありがとうございます。
用量減量後検査をまだしてないのでこのまま落ち着いて欲しいです。
薬飲ませるのは最初大変でした。
イタグレでもこれほど痛いんだからもう少し大きかったら大変だったな。。。
と思いましたよ(汗)
ルナちゃんも減薬中なんですね♪良かったです。
血小板減少症と溶血性貧血ともに本来正義の味方である免疫が
自分に対し悪さをする難しい病気ですが前向きに頑張りましょう!
お互いこのまま順調に良い方向へと願うばかりですね。
ルナ・リケさんへ
2013/06/25 07:15
アメリカから見ていただいてるのは不思議な感覚です(笑)ありがとうございます。

DRによって考え方が違うみたいですね。確かにソフィーちゃんとレオでは状態も違うのかもしれないのでわかりませんが。。。

うちは初めからアトピカ50mg空腹時1回服用とプレドニン10mgでした。
でもソフィーちゃんもアトピカ開始したようですのでレオと同じですね。
その後の治療は、免疫抑制はアトピカ50mgに任せ、先にプレドニンを徐々に減薬し最低維持量の2.5mg(一日おき)まで下げました。次にアトピカを25mgまで減薬してみてその後カットするみたいです。プレドニン2.5mg1日おきはその後も続くらしいですが・・・。
あと、服薬1ヶ月ごろアトピカ(シクロスポリン)の毒性の確認を血液検査でしました。
治療領域が100〜600のところ、受診時(服薬後16時間)に採血しましたが
540という数値でした。16時間という時間を考えると服薬後2時間ごろは中毒域600超えしてるかもですが、罹患初期であることと、先にステロイドをはずしたいとのことでDR相談の結果そのまま行きました。ちなみにレオ6kg(服薬当時)です。

なので近々、中毒検査はあるでしょうけど、ペット先進国のアメリカですし
「All Right」と大ざっぱに言いながらちゃんとしてる感じがしますよ♪大丈夫でしょう(^-^)
日本の大学病院の先生も治療や輸血をしていればこの病気自体で死ぬことはないと言ってましたし、気長に油断せずお互い頑張りましょうね♪

ソフィーのママさんへ
2013/06/25 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
犬の薬の飲ませ方 闘病B Wonder Leo~イタリアングレイハウンド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる