Wonder Leo~イタリアングレイハウンド

アクセスカウンタ

zoom RSS 免疫介在性溶血性貧血 闘病の始まり@

<<   作成日時 : 2013/03/04 19:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 11

※怖い話、気分を害する映像が入ってますので苦手な方はご遠慮ください。

同じ病気にかかられた方や、もしかしてうちの子も・・・
などの参考になればと思います。
基本的にレオの闘病を記録しておこうとの思いなので参考にもならないかとおもいます。
専門家でもないので間違ってるかもしれません。
でも
レオも多くの方の闘病ブログを拝見して
励まされたり、落胆させられたり、ペットとは?家族とは?を改めて考える時間が持てました。
同じような思いをもってる方がいるかも知れません。
そういう方のために少しでもお力になれればと思います。
そしておられましたらどうかあきらめないでくださいね!

画像


免疫介在性溶血性貧血:
他のワンちゃんに感染する病気ではなく、何らかの原因で自分の免疫が
自分の血液を破壊していく自己免疫疾患。
1次性(突発性)のもの、2次性のものがあり
1次性のものは免疫介在で溶血が起こるもの。
2次性はガンとかリンパ腫とか色んな源疾患のもとに溶血性貧血が起こるらしい。


発症
2013.2/23夜 レオ6歳7ヶ月
いつものようにトイレシートにおしっこ。
「ん・・・?血尿かな?すこし茶褐色の尿」
薄いストレート紅茶程度、明らかに黄色の仲間ではない。
画像

2/24日曜 朝から病院へ。
尿検査、血液検査結果 異常はなくヘマトクリット値も50%
「結果からみて膀胱炎か前立腺炎です。早めの去勢も視野に入れて・・・・」と説明。
どっちかわからないのに去勢はね・・・・まあ、考えておきます・・・
説明自体に不満もなくそういうものなんだ・・・と解釈
ペニシリン系抗生剤の内服のみで様子見

2/24(日)夜 明らかな血尿へ。
ちょっと正直ビビリました。
手首切って血が吹き出してるみたいに血そのものが排尿されてきました。
オスのおしっこって脈打つ感じで排尿されるので
それが血だと・・・・ね。。。コワイ

とは言え、オスで膀胱炎。
はじめての経験なのでこんなもんなんだ・・・
膀胱がひどく炎症してるんだろうなと。。。。
自己判断でステロイド剤を抗炎症作用をねらって飲ませてみました。

2/25(月)朝 相変わらずの血尿。
夜帰宅後、セカンドオピニオンで近隣のDRへ。
昨日の検査結果を見て可能性を説明してくれましたが、
触診で前立腺は多分大丈夫でしょうと。膀胱炎の方向へ。
止血剤を併用するのは良い方向へ行くかも知れないと指摘を受け
止血剤の併用療法へ。

2/26(火)朝 幾分尿の色はストレート紅茶に近づいた。
トイレシートに黒い粒が一緒に排泄されてた。。。
血の塊か・・・?
止血剤で固まった血が剥がれて排泄されたのだろうか?
一体、体の中では何が起きてるのか・・・・不安だ
画像

でも2日連続で病院に行ったせいかレオがビビってる。
身体に悪いから今日は病院に行くのをやめよう。。。
この日の夜から少しふらつきが見られたが
何せこれだけの酷い膀胱炎なんだから貧血なんだろうと思ってた。

2/27(水)PM ビスコがレオにひどくちょっかいを出す。
レオが椅子から落ち横になったまま立ち上がれない。
立たせても右に左によろけてしまい
お座りしようとするとそのまま後ろに転倒。
診察時間が終わってたが19時に病院でその日の当番の先生に診てもらう。
内服が困難になってきたので点滴で抗生剤、止血剤を入れてもらい帰宅。

2/28(木)朝ベットから飛び降りるもクラッシュ
力が入らなくなりながらも日向ぼっこ位置へ。
「ハァハァ」しながら時々よたついては水を少し飲む。
餌はひと握りくらいなら食べるが薬は内服拒否する。


ここで頭を整理してみた。

ネットで検索して見たのは
「犬」 「膀胱炎」 「血尿」
または
「犬」 「前立腺炎」 「血尿」
なのだ。本当にこの検索方法が正しかったか?


「犬」 「血尿」 「貧血」

と入れてみた。


すると!!!!


「溶血性貧血」がヒット!

何だこれは?

読んでみるとレオとよく似てる・・・

一晩で亡くなった・・・

2年以上闘病中・・・

などなど多くの方のブログが出てきた。
(参考にさせていただいた方々に感謝です。
本当によくブログに載せてくれました。おかげで病気の事を知り、助けられましたありがとう。
そして皆さんのワンちゃんを応援しています)


と同時に涙が出てきた。


もしかして・・・・・・

病院にTEL

今すぐ行きます。

先生に「あまりに貧血がひどく思えるのでもう一度採血をお願いします」と伝える。

結果、ヘマトクリット値が17%
初診の際50%だった為、可能性が否定されここまで来てしまったようだ。
もっと早く再採血を依頼できなかったか・・・自分を責める。
初診から今日までの間に2回も病院に行ったのに
説明を受けただけで納得してしまった。。。。

発症から12時間くらいで検査したせいなのかは聞かなかったけど
昨夜10時に血尿で翌朝10時に診察・・・


免疫介在性溶血性貧血
薬剤性の溶血性貧血
・・・・そのあたりと診断


「やっぱり、それですか・・・・」涙

1年後生存率50%の難病・・・

ネットでみた知識で
37〜55が基準値で
30を下回ると結構重症
15%以下とかなると輸血
犬の輸血は全血交換が基本
血を分けてくれる犬:供血犬
犬には血液バンクなどがあまり整備されてないので供血犬が必要。
輸血のために提供できる量は最大でも体全血の1/3量。通常は負担を考えて1/4量までになる
つまり6kgのレオは30kg以上の大型犬からしか輸血を受けられない。
供血犬は大型犬の知り合いが必要
輸血はやっても中々数値が落ち着くまでの闘病期間があり
何度も輸血してる方が多いようだ。


無理だ・・・・
ましてや何回も・・・

イタグレのオフ会ばかり参加の我が家に
30Kg以上の犬、ラブラドール、ゴールデンレトリバーの知り合いなんているはずもない・・・
ましてや提供側にも多少なりとも負荷のある供血なんて頼める人はいない・・・・

17%・・・緊急入院
翌日これ以上下がれば輸血も視野に入れなくてはならないとのこと。

院内の大型犬から合えば輸血できるように検査はしてみてくれることに。

しかし、合わなければ「死」が待ってるんだ・・・と感じた。

悪あがきかもだけど
ネットで見た大学病院の専門医への紹介をDRにお願いする。

快く了承してくれて大学病院の予約を取ってもらった。

本日より大学病院の指示による投薬を開始することになった。

予約は4日後
それまでに下がれば「輸血」

それも出来るかわからない現状



3/1(金)運命の日
電話を待つ。生きた心地しない・・・・・
結果19%で今日のところは輸血はギリギリしなくてOKと。

3/2(土)
25% 嬉しい もう大丈夫だと楽観視してしまった。

3/3(日)
まさかの21% クレアチニン値も何故か異常に上昇
谷底に突き落とされた気分・・・・
やばい・・・・さすがに神頼みした。墓参りもしてきた(汗)



とうとう
入院4日後の3/4(月)朝





大学病院へ。


まさかの26% クレアチニン値回復
正常値37%以上まではまだまだだけど嬉しい♪

しらみつぶしに可能性を否定していった結果
免疫介在性溶血性貧血
でまちがいないとのこと。

3/3(日)のデータは説明がつかないらしいこともあり
何かが潜んでないか慎重に経過観察してもらうため入院

自宅療養はまだまだ先になりそうだが
さすがは体力自慢のレオ。

なんて奴なんだ・・・・

いまはその体力が何だか嬉しくて泣けてくるよ!




応援してくれた皆様感謝してます。
何度も何度も折れそうになりました。
気持ちが犬に伝わるから諦めるなと励ましてくれたマコパパありがとう!
まだまだ闘病のスタートライン
もう下を向くのはやめます。
「散歩やドックラン大好きなレオ」からそれを奪ってしまった病気との戦い
何とか自己の免疫が正常に働いてくれるその日まで、外部感染に全く抵抗力がありません。

だけど、大好きなドッグランでお友達と遊ぶことが出来る日が来るのを信じて
希望をもって戦おうと思います。
画像

画像

画像

よってレオは「3年かけて7歳でフリスビードックになる!」
その計画は現在2年6ヶ月の訓練で
レトリーブ大会2回出場 うち1大会で4ポイントゲット
空中キャッチ最大2mまで♪

でひとまず幕引きとなりました。
唯一の瞬間(笑)
http://youtu.be/8_ExSd8O3rs

本当によく頑張った
やり続けて本当に良かった。
おれも後悔してないよ!

だって4歳までボールにさえ興味なかったのに
6歳でフリスビー大会に出たんだからさ!
すごいぞ!!えらい!

そして何より

ありがとう!レオ

これからも共にチームで戦おうな!よろしくな!!

画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
私も以前この病気を調べたことがありました。
イタグレちゃんでも回復している子もいますね。
前向きに頑張るご家族、レオ君、応援しています。

ルナ・リケ
2013/03/08 19:08
応援ありがとうございます。
何とか回復して欲しいです😥
まだまだ退院できませんが頑張ります!
ルナリケさんへ
2013/03/08 20:29
我が家のワンコ(ダックス)も今朝から突然ひどい血尿で… 病院に連れて行ったところ検査をしてみないとはっきり分からないが、免疫介在性溶血性貧血か特発性血小板減少性紫斑病の可能性が高いとの事でした。即入院でした。検査結果は明日にならないとわかりませんが、お互い頑張りましょう。
ぷる
2013/03/12 17:28
はじめまして。とても心配ですよね。。。。
お気持ちわかります。ダックスちゃんもホント頑張って欲しいです。
原因については様々なことが言われてますが後ろ向き研究の結果なので
そういえばあの時・・・そういえばあれが・・・
という事でしかはっきりとは解明できないようです。
だから、我が家は原因は考えるのはやめました。
思い当たるのは夫婦喧嘩くらいだし・・・精神的に発病?(笑)
まずは長い闘病になるのかもしれませんが
お互い頑張りましょうね。
ぷるさんへ
2013/03/13 13:16
コメントありがとうございますm(__)m
血液検査の結果 はやり免疫介在性溶血性貧血でした(涙)
昨日はあまりにも突然のことで私自身パニックでした。
可能性のある病名を告げられたので
なんとかしたいという思いでネットでいろいろ調べました。
そしてレオくんのブログを拝見してとても勇気付けられました。 
本当にありがとうございました。
こうしてあげていたら…と考えると昨日は涙でいっぱいでしたが
我が家も原因を考えるのはやめようと思います。
今日は昨日より少しですが状態がよくなっていて安心しました。
頑張っているぷる(ワンコ)の姿をみてあきらめないでがんばろうと思いました。

レオくんが一日も早く良くなることを祈ってます。
ぷる
2013/03/13 21:15
そうでしたか…本当にパニックになりますよね。

実はレオブログに病気のことをカミングアウトするのは複雑な心境でした。
移る病気ではないとは言え、ランで遊んでくれるお友達にしてみたら気分のいい話ではないだろうし、二度と大好きなランに入れなくなるかもしれないと思いました。
でも、自分も他の方のブログで助けられましたし、今この病気に悩んでる方々に自分も何か出来るのではないかと思い闘病記を載せることにしました。
なので、ぷるちゃんのお役に立てたなら本当によかったです

長い入院になってしまいましたが本日、退院予定となりました。

退院したらブログアップしようと思いますが、ぷるちゃんの病状の詳細は解らないのでうかつな事言ったらいけませんが、うちの先生いわく、(言い方悪いですが)輸血となった場合でも輸血さえ繰り返していればこの病気自体で亡くなることはないと言ってました。むしろ2次的に起きる血液凝固(DIC)、イタグレの場合は骨折、などの方が怖いそうです。
つまり、治療に入っていれば少しは明るい方向に行くのだと感じました。
ですから、前向きにお互い頑張りましょうね。

ぷるちゃんも1日も早く良くなることを祈ってます。
ぷるさんへ
2013/03/14 09:17
はじめまして。
イタグレちゃんを飼っているお友達からの紹介でこちらのブログを拝見させていただきました。
レオくんのその後の病状はいかがでしょうか??
我が家のフレンチブルドック2歳も12日前に突然大量の血尿血便。
即病院に連れて行ったところ、ヘマトクリット19、8%で緊急輸血となりました。供血犬用に飼っていた病院の犬とは、血液型が合わず、このこの父親犬がお家にいたので、検査をしてもらい、全身麻酔のリスクもありながらもなんとか120ml輸血できました。
その後23%まで回復、食欲も出てきたかと思った三日後。。急にぐたっとなりヘマトクリット10%まで。。。
ガンマガードというお薬を投与してもらい、夜亡くなるかもしれない状況なので夜はお家でと言われ連れて帰りました。。。。
一晩中呼吸が苦しそうでもうだめなんだなと思ったのですが、
翌朝、ふらふらと歩いているのを見て、まだできることはあるんじゃないかと必死で輸血をしてもらえる病院を探しました。
そして、100ml輸血。
翌日も知人の好意で150ml輸血してもらいました。。。
そして、翌日東大病院を受診、。
その後の4日間の入院でヘマトクリットが30%まで回復していることもあり火曜日にお家に連れて帰ってきました。
しかし、昨晩よりひどい下痢で。。。点滴をしてもらおうと近所の病院へ、血液検査の結果、ヘマトは28%でした。。。。
もしかしたら正常値になっているのでは??
と期待していた分。。。また、嫌なことを考えてしまいました。

右前足にも血栓ができ壊死しかけています。
これ以上悪くなるようだったら切断もと言われてています。

こちらのブログで良くなってきているレオくんの様子を見ると勇気が出ます。
本当に厄介な病気ですよね...
まゆ
2014/03/20 15:43
コメントありがとうございます。
そして返事がたいへん遅くなりすみません。
その後ワンちゃんの調子はいかかでしょうか?

レオはその後元気にしてます。
寒い時期はほとんど散歩拒否の我が家の2匹ですが
DiscDogになるために集中力強化のため、寒くても室内でできるDogダンス教室で基礎を習う毎日を送ってました。もちろん、「陽性強化」という犬が楽しんで物事を覚えていくもので厳しい訓練ではなく、犬自身がもっとやりたくて楽しみながらどんどん集中力が増していくというものです。

まゆさんへ
2014/04/02 01:23
話がそれましたがレオは幸運にも約半年で闘病から帰ってきました。
そして今は何も飲んでない状態で検査も必要ない状態の7歳9カ月です。
我が家は麻布大学病院に紹介してもらいました。ネットで見た東大病院か迷ったのですが通うのに麻布の方が我が家からは交通が便利でこちらにしました。なので東大のガンマガードは聞いたことがある名前です。有名ですよね。

レオは何とか輸血せずで済んだため血栓は程度が軽かったのかも知れません。
自分のミスで止血剤カルバゾクロム(アドナ)を投与した時に大量に出た黒い粒。
血液が固まろうとして排出された固まりの粒でした。
あとから思えば全く逆の治療で止血剤で殺すところでした。
それは大学病院でDIC(死んだ血液の殻に新しく出来た血液が正常な反応として殻に対し異物と判断して凝集し塊ができ血栓を起こす)が2次的に怖いと説明を受けて血栓症の予防剤として血液凝固抑制剤:低用量アスピリンをあらかじめ入れる治療ではじめて知り自分がしたことを深く反省しました。。。
なので血栓…と聞くと心配でなりません。。。

それぞれのワンちゃんで病状や体質、血液型など違うので治療法も輸血量も全血交換、部分的な輸血などいろいろだと思いますが有名な病院ですし、精一杯先生も考えてくれるとおもいます。

右前脚はとても心配ですね。輸血と関係があるのでしょうか?
なんとか無事であって欲しいです。お祈りしています。

この病気は飼主の心もヘマトクリット値同様に落ち着かないですが
前向きにまゆさんも考えて頑張ってくださいね。
まゆさんへ つづき
2014/04/02 01:24
はじめまして。高校生で動物がとても大好きなものです。
レオくんなおるといいですね。つらい気持ちは私にもすごいわかります。本当に元気になるとよいです。

私がとても大事にしている犬の茶々も同じ病気になりました。
昨日から入院をし、先生には 覚悟をしたほうがいい と言われました。
この病気は突然発病したりすごく難病なんですよね。
今日もお見舞いにいきました。記念より元気がなく自力で立てません。トイレをするちからがなく、足などがぬれてしまい、とてもかわいそうです。家族の前では泣いていませんが部屋ではやっぱり涙がこらえられません。本当愛犬が辛い病気になっているなんて、なんにもできない自分にはがっかりしてしまいます。ただただ励ますことしかできません。
そこで、質問があります。
@病院はやはり小さいとこではなく大きな病院がいいのでしょうか?
Aレオくんはどこの病院にあずけましたか?またどういう病院が信頼できるのでしょうか。ちなみに埼玉県所沢市に住んでいます。
B茶々はもうかなり死に近い状況です。耳や歯茎、鼻、ベロ 真っ白です。明日から人免疫をつかいます。輸血したほうがよいのでしょうか
Cいつもなんて励ましていますか。

先生ではないのにたくさん質問
すいません。答えられる範囲でいいのでお返事まってます。
さくら
2015/10/10 18:53
それはとてもお辛い状況ですね
病院の大小よりも基本的に飼い主が
獣医さんに対しての信頼ができる、納得出来るかどうかですよ。
病気は誰でも受け入れ難く辛いものですが、かかってしまった事実を受け止め
前向きに獣医さんと今後の話し合いが出来るかどうかです。
どうしても不安であるならセカンドオピニオンをするのもよいですが
恐らく状況的にいま一度退院する訳にもいかないでしょう
うちは最初の診断がタイミングの問題でかなり発症初期でもあり
いつもの信頼してる獣医さんだから誤診ではないんでしょうけど
発見が遅れて苦しめたし、あの時自分で調べなければ確実にレオは死んでました
なので、獣医さんには失礼だけど流れをたちきりたく感じ
この病気で、というか血液を専門で診れる病院として
ネットで調べて麻布大学を紹介状を出して欲しいと言いました。
心が痛みましたが快く受けてもらえました。
紹介状がないと大学病院は受けてくれませんので助かりました

どんどん歩けなくなるレオには
いままでありがとう!楽しかったよ
としか言えませんでした
病気発症から5日間自宅でどんどん歩けなくなるレオを見るのはとても辛かったです

輸血については獣医さんの判断で任せるしかないです
茶々ちゃんの状態は血液検査でちゃんと見ての判断でしょうからね
輸血は酷い貧血で苦しんでる茶々ちゃんを一時的に楽にしてあげる事ができます
うまく合えば回復へ向かうこともあります

犬も心があります
犬は人間以上に飼い主の方を向いて生きてます
どんな時もあなたに信頼されようといつも思って生きてます
だからその思いに応えてあげる言葉が
さくらさんと茶々ちゃんにとって大切な言葉になるかと思いますよ


さくらさんへ
2015/10/14 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
免疫介在性溶血性貧血 闘病の始まり@ Wonder Leo~イタリアングレイハウンド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる